やっぱ天津飯が好き!

兵庫県姫路市を中心に天津飯のみひたすら紹介するブログ

大阪王将 ふわとろ天津飯の素 [イートアンド]


スポンサーリンク

f:id:akipuyo:20170913120648j:plain

f:id:akipuyo:20170913120658j:plain

f:id:akipuyo:20170913120707j:plain

 「大阪王将 ふわとろ天津飯の素」卵3つですぐできる!フライパンで5分!一人前のもので調理してみたいと思いますよ。

 

いや~これ前から気になっていたんだよね。わたしは料理するのが苦手でいつもお店に食べに行く派なのですが、この天津飯の素で本当に大阪王将の天津飯を再現できるのかどうか興味があるけれど、料理苦手だし、みたいな。

 

たまたまスーパーで見かけて、時間もあるので一度作ってみようなんて思いまして。

 

作るのは5分と書いてあるけれど、たぶん無理なのでとりあえず作ることに専念しようと思います。

 

材料は、ごはんと液体調味料・粉末調味料・とろみの素と卵4つ(3つで作るのがレシピ通りのようですが、一つ余らせても仕方がないので4つ使っています)ですね。

f:id:akipuyo:20170913120743j:plain

調理作成過程までは写真で写していませんが(粉ものを水に溶かすためもたもたしているとダマになるので)、とりあえず調理メモ的なことを書いてみようかと思いますよ。

 

1.粉末調味料をダマにならないように水に溶かして、その中に卵を放り込んで混ぜます。ここで重要なのが、きれいに粉を溶かしておかないとおそらく出来上がりがじゃりじゃりになるのでよくかき混ぜて粉を残さないようにするのが要注意です。

 

2.ごはんを器に注いでおく。

 

3.卵を焼いていく。変に混ぜまわるとスクランブルエッグになるので、ほどほどにさわる感じで焼き固めていって丸く整える。そしてほどほどに焼けたら裏返して軽く焼き、ごはんを盛った器に投入。

 

4.とろみの素・液体調味料を混ぜ合わせ、水を加えながらきれいにダマにならないように混ぜる。使用するフライパンを一度軽く水洗いして温度を下げておく。フライパンの温度が高ければすぐにダマになるので注意。フライパンに火を入れてぶくぶく泡立ってきたら器に投入して完了。

f:id:akipuyo:20170913120751j:plain

 出来上がりですが、頑張った割にはこんなもんです。卵が案外うまくお店みたいにきれいにならないですね。難しいです。

 

とりあえず食べてみましたが、味はそこそこ美味しかったですね。餡も醤油ベースの餡ですし。というのも、大阪王将の味にほぼ近い完成系の味です。卵も特に3つでも4つでもそんなに大差ないと思いますが、見た目はあれな感じですが、味の方は王将のふわとろ感が出ていますよ。

 

もし、お店で食べるのは嫌だけど家で大阪王将の味の天津飯を食べたい・楽しみたいという方は一度家にてクッキングしてみてはいかがでしょうか?この王将の素はスーパーでも売っていますし、ネット通販でも買えるので入手はいつでも可能だと思いますよ。

 

2017年9月時点の情報(パッケージより)
個人的おすすめ度(5段階)★★★