やっぱ天津飯が好き!

兵庫県姫路市を中心に天津飯のみひたすら紹介するブログ

ちょっとどんぶり 天津飯 味つけの素 [ヒガシマル食品]

f:id:akipuyo:20170924173039j:plain

f:id:akipuyo:20170924173108j:plain

f:id:akipuyo:20170924173117j:plain

 今回10年以上ぶりに「ちょっとどんぶり 天津飯 味つけの素」2食分を使って調理してみましたよ。メーカーは、ちょっととんぶりのヒガシマルでお馴染みの醤油メーカーですね。この天津飯の素の味はなんとなく覚えているのだけれど作るのがめんどくさくて全然使わなかったな~。昔からぜんぜん店頭からなくならずに今もあるってことは需要があるんでしょうね。

 

とりあえず、確認していきますよ。

 

用意するものは、天津飯の素・水・卵2個・油・ごはんぐらいあればよく、あとは調理用具だけでしょうかね。あ、はじめに言っておきますが、フライパン5分で出来るはある意味うそなので、普通に作っていたらそれ以上はかかりますよ。

f:id:akipuyo:20170924173126j:plain

f:id:akipuyo:20170924173134j:plain

この天津飯を作り方や注意点は、簡単に言いますよ。

 

1.卵と水50mgと卵調味料を素早くかき混ぜて(粉がダマにならないように)、熱したフライパンで固まりすぎないように中火から弱火くらいでいためます。

 

2.その間に、あんかけの素と水200mgをこれも素早くかき混ぜておきます。ついでにごはんを器によそっておきます。

 

3.たまごがいい感じにとろとろになってきたら、あんかけの液をたまごを作っているフライパンに直接放り込みます。ここが、大阪王将の天津飯の素との違いです。大阪王将の物は、たまごとあんは別々に作りますので。もう一つ注意点は、熱々のフライパンに直接入れるのでぐつぐつして餡が飛びちります。なので、おおちゃくせずに少し温度をさげてからあんかけの素を投入した方が安全かと思いますよ!

f:id:akipuyo:20170924173154j:plain

 あいかわらず見た目は、アレな感じですが、個人的にはうまく行った方かと思います。味の方は、好みがありますがめちゃくちゃ美味しいわけでもまずいわけでもないです。しいていえば無難な味かと思います。餡の味は中華風ですね。

 

まだ試したことがない方は、一度暇つぶしにでも作ってみてはいかがでしょうか?時間はそんなに早くは作れないけれど、料理が苦手なわたしみたいな人でも作ることができますので。

 

2017年9月時点の情報(パッケージより)
個人的おすすめ度(5段階)★★★